FC2ブログ
Top Page › ツカサ日記 › お互いに溜まってた性欲

2022 · 08 · 13 (Sat) 11:46

お互いに溜まってた性欲

やっと彼女に会えた。

本当に長く遠い時間だった。

とても暑い日に熱い気持ちで、
そして心なしか緊張した。

自棄に空いていた常宿。
コロナの影響なのかな?

タバコのフレーバーが香る。
ちなみにタバコは吸わない二人。
空気清浄機があってもあまり役に立たない。

ソファーに二人座りながら、
会えなかったときにあった積もる話をした。
内心、早く体も重ねたいが、
このまったりした時間も好きなんだ。

その後シャワーを浴びてから、
ベットの中で愛を確かめる。

彼女もセックスしたかったのであろう。
いつもより積極的に攻めてくる。
あっという間にそそり立つペニスを咥えてきた。

そして至極のハードピストンで、
御無沙汰のムスコは発射寸前になってしまった。

何とか発射は回避して、
今度は彼女のおっぱいを責める。
いつも以上に大音量で喘ぐ。

おマンコは既に大洪水。
手マンもそこそこに、焦らしクンニをする。

4CB7C429-34E5-4D2A-BB32-70E550692BF6-1024x615.jpeg

クリトリスをゆっくり舐める。
ヴァギナはピンク色。
年齢にしては本当に綺麗なのだ。

舌をゆっくり、時には激しく出し入れすると、
逝きそう」「イク
を連呼しながら、果ててしまった。

アソコの大洪水が止まらないので、
放心状態の彼女のアソコにゆっくり
ペニスを挿入した。

すると、パックリとペニスを飲み込んだ。

彼女が腰を振ってほしいと懇願してくる。
焦らしていると、泣きそうになるので、
そこそこにして、ゆっくりと腰を振り始めた。

もっと」「もっと

激しいピストンを要求してくる。

これでもかと正常位で腰を振り始めると、
おマンコの愛液がどんどん増えてくるのがわかった。
その後、締まり始めたので、
もうたまらん気持ちよさになってしまった。

私も久しぶりで余力があまりないので、
逝ってしまうことにした。

05a774dd.gif

パン、パン、パン

と激しい音を立てながら、

最後は、腹だし射精でフィニッシュ🌋

ザーメンはティッシュで綺麗に拭いてあげた。

その後、休憩してからの2回戦があるが。

次回へ。。。。

(つづく)


[Tag] * #おすすめ出会い系 * #恋愛 * #出会い * #地方 * #結婚 * #不倫

Comments







非公開コメント